佛教大学のゼミでお話してきました。

0
    京都にある佛教大学の中田智恵海先生の授業(ゼミ)で
    「発達障害のセルフヘルプグループとピアサポート」についてお話をさせていただきました。

    将来社会福祉士や精神保健福祉士になろうと勉強されている学生さんの前で話をさせてもらうということで、
    発達障害をもつ大人たちの現状について、かなり気合を入れて語ってしまいました。

    あまりの深刻な話に引かれてしまったのでは?と若干心配だったりも…たらーっ


    佛教大学 中田ゼミの皆様、『関西ほっとサロン』にいつでも遊びにきてくださいね♪
    ちょっと遠いですが…。
    miudesu * セルフヘルプ・ピアサポート * 20:37 * comments(0) * - * - -

    ヘルスケア関連団体ネットワーキングの会

    0
      「ヘルスケア関連団体ネットワーキングの会」
      http://www.vho-net.org/index.html?css=vho1
      第9回関西学習会に参加させて頂きました。

      「ヘルスケア関連団体ネットワーキングの会」とは、
      疾病や障害の違い、立場の違いを超えて、ヘルスケア関連団体
      (患者団体、障害者団体、その他ヘルスケアに関係する団体)
      のリーダー達がつながっていくことを目指して作られた会です。

      2007年のテーマは「医療者とのパートナーシップ」

      いろいろな立場の団体でありながら「当事者」であることは変わりなく、
      さまざまなほかの団体の活動の歴史や体験など、
      いろいろ教えていただき、大変勉強になりました。
      例えば…

      医師との良いコミュニケーションを築くために…。
      自分のことを上手に伝えるためには、
      患者自身が自分の疾病や障害について学び、
      「専門家に伝える技術」を身につけなくてはならない。

      『DIPEx』〜患者の語りが医療を変える〜
      http://homepage2.nifty.com/dipex-j/
      http://www.imic.or.jp/news_topics/dipex_index.html

      今後はこのような「患者力」そして「ピア(仲間)サポート」が
      もっともっとクローズアップされていくのではないでしょうか。


      当事者の一団体となるとなんだかちょっと弱いけれど、
      「違い」を乗り越えて他のグループとつながりあうことはとても心強く、
      また人はいろいろな困難を抱えて、乗り越えながら、支えあいながら
      生きているものなんだな、と改めて感じました。




      miudesu * セルフヘルプ・ピアサポート * 23:17 * - * trackbacks(0) * - -
      このページの先頭へ